COMPANY 会社情報 代表挨拶

代表取締役 松本 光裕

京浜ラムテック株式会社は、おかげさまで2022年に創立50周年を迎えることができました。創業当時は、京浜ファスナーとしてベアリング部品の製造・販売からスタートし、現在では真空成膜装置の部品製造が中心となりました。さらに、ターゲット材の提供とこれまで培ってきた加工の技術を活かした成膜技術の研究開発分野にも進出しております。「モノづくりがわかるメーカー」として、これまで以上に皆様と寄り添い、独創性を備えた経営を進めてまいります。

私たちの強みは、日本のトレードマークである厳格な品質の製品の提供です。

多様化するニーズに応えるべく、一切の妥協を許さずに継続的な研究と技術開発を行ってまいりました。これからも、さまざまな分野で活躍する企業様と共に各時代の最先端技術に挑戦してまいります。

現在、私たちの取組んでいる数多くの研究開発テーマの中で、最も社会的関心を集めているものが自然エネルギーの分野です。低炭素社会で高いエネルギー変換効率が求められる次世代型太陽電池の実現へ向け、真空成膜技術の開発に取り組んでおります。この様にこれまで蓄積された加工技術と最先端の研究開発で相互的な生産、品質改善のさまざまなステップに取り組み、2050年カーボンニュートラルの実現に向けて貢献してまいります。

モノづくりには近道がなく、多くの苦悩や葛藤、失敗や痛みを経て優れたものが生まれます。今後も、より一層奮励し、創るものの責任の自覚、さらに探究心を高めてまいります。

皆様の変わらぬご支援、ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役

松本 光裕